« August 2008 | Main | January 2009 »

October 2008

山形紀行:蔵王〜帰路へ

8月9日(土)
昨晩は、オリンピックの開会式を見ながらウトウト・・・ほんと、長い式典だった、やっぱり最後まで起きてられず。蔵王も山の中なので涼しかったけど、月山ほどではなかったかな。
朝もさわやかに起きて、少しお散歩をする。
宿の周りには、なぜか、あじさいが咲いていて不思議。

Rimg0584

雪がないゲレンデは、広々として気持ちいい。

Rimg0586

せっかく蔵王にきたからには、ちょっとトレッキングでもしよう、と、チェックアウトの後は、ロープウェイに乗る。そこからさらにリフトにのって観松平へ。雪のないリフトのほうが、ちょっとこわい。

Rimg0611

いざ、観松平へ!
まずは「羽衣の松」
Rimg0620

「追分の松」
Rimg0624

「腰掛けの松」
Rimg0630

「双龍の松」
Rimg0640

「丹頂の松」
Rimg0642

「ひょうたん沼」
Rimg0648

「寿老の松」
Rimg0650

「千歳の松」
Rimg0664

「天竜の松」
Rimg0668

「吉祥の松」
Rimg0682

「天女の松」
Rimg0693

などなど。
そして、黒姫山の山頂まで登ったのだが、あいにく雲がでてきて景色はあんまりだった。
続いて「いろは沼」へ。お花の季節は終わっているので、ちょっと寂しい。
Rimg0779

1時間ほどぶらぶら歩いても、標高が高いので暑くなくとても壮快。人もまばらで、ゆったりする。一通り回ったあとは、またリフトとロープウェイで下まで降りて、今度は蔵王エコーラインに沿ってお釜へと向かう。途中にリフト乗り場があるが、そこは通過するように、とお宿のご主人のアドバイスにしたがい、蔵王ハイラインを経て、お釜近くの駐車場まで行くと、車も人もいっぱい!さっきの蔵王温泉街の人の少なさとは大違いだ。さっそく見にいくと、とっても不思議な緑色の湖が。
Rimg0849

せっかくここまできたので、左手に見える熊野岳の山頂まで歩くことに。見た目よりも遠いが、往復して1時間程度。
山頂には避難小屋もある。
Rimg0935

そして、祠もあります。
Rimg0971

刈田岳山頂付近からのお釜は、こんなかんじ。
Rimg0998

この熊野岳までは、最初にいった観松平から尾根伝いに歩いてこれるのだが、車があるためわざわざ下までおりてまた登ってきた。山頂周辺には、ロープウェイの地蔵山頂駅からそのようにやってきた登山の人たちも何人かいて、蔵王で夏に山登りをするのもいいな、と思った。

そして、エコーラインから白石ICより東北道にのり、高速料金を安くするためオリンピック中継を見てSAで時間をつぶす。浦和JCを深夜12:15に通過! 1時頃到着しました。(終)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山形紀行:月山〜山寺立石寺〜蔵王

ご無沙汰です。前回アップしてから、1ヶ月以上過ぎちゃった(苦笑)
何をしていたかというと、8月末にガイド試験があったので、またまたお勉強でした。その後、京都で羽を伸ばし、今年はもう試験がないので、関東に帰ったあとは、外出しまくり人と会ってランチ三昧・・・でした(笑)続き書きます!

8月8日(金)
昨晩止まったコテージはこんなかんじ:

Rimg0384

お宿から見える月山は、やっぱり雪が残っています。

Rimg0430

すっきりと起きて朝食へと本館へいくと、昨晩遭遇した体育会系女子団体に遭遇してびっくり。よく見ると、高校バドミントンクラブの選抜チーム強化合宿っぽい。近くに体育館とかあるから、合宿にはぴったり、近くに遊ぶところもないから集中できるしね。
とてもおいしい朝食をいただいて、本日の行き先はまず山寺立石寺。またしても、芭蕉ゆかりのお寺だ。お寺の駐車場を見逃してしまうと、お土産屋が経営している駐車場しかなく、仕方ないのでそこにいれる。つえをかりて立石寺に向かうが、前日とちがって、ここは参拝客がいっぱい! やはり、一大観光地である。

Rimg0448

Rimg0452

人の流れにまかせて向かうと、入り口の門があり、石段をあがっていく。前日の羽黒山と違って、石段は曲がりくねって山をのぼっていくかんじ。人もたくさんなので、すれ違いに気を遣う。政府の観光促進が功を奏してか、外国人も多い。

まずはせみ塚

Rimg0464

そして弥陀洞

Rimg0471

やっと仁王門に到着。せまくて急な石段の上にこんな建物があるなんてびっくりする! でもまだまだこれから・・・
Rimg0481

ここからの眺めはこんなかんじ、すでにとっても高い!

Rimg0483

でも、道のりはまだまだ続く・・・ そこかしこに、修行場とされるお堂や洞窟が・・・

Rimg0493

Rimg0499

そして、一番上の五大堂からの眺めはこんなかんじ。

Rimg0543

全行程は30分程度。前日に羽黒山神社を上っているせいか、この行程は楽々で、お土産屋で借りた杖が邪魔になるくらい。でもお年寄りにはハードな階段ではある。
下からみた山寺はこんなかんじ。

Rimg0578

下におりてから車を駐車したお店でかき氷を食べる。その後、「山寺風雅の国」という、観光バスがいっぱいきても大丈夫なくらい広大な敷地のなかにお土産店やレストランがあり、「山寺芭蕉記念館」があったので、そこに入ることにする。そこでは芭蕉の生涯や作品解説、奥の細道の旅程などが展示されており、芭蕉がどんだけ歩いたかがわかる。すごい。こんなに歩けない!と思いながら「芭蕉スパイ説」もあった話を思い出す(笑)
そして、本日のお宿である蔵王へ向かう。チェックインには時間があったので、「蔵王温泉 大露天風呂」へ。この日も大汗をかいていたので、川に流れる温泉につかってすっきりするも、裸でいても暑いし、お風呂に入っても暑いし、あがってからも汗が噴き出し、とんでもない状態。気持ちはいいんだけどね・・・ 
やっとチェックインの時間になったので、本日のお宿、「デァヴェルテ」へ向かう。ここは、2月にスキーに来たときにケーキセットを食べたところ。とってもおいしかったので、お食事も期待できるかも〜と思って夏に来たいと思って予約したお宿だ。予想通り、おいしい晩ご飯とステキな雰囲気のプチホテル。しかも、当日は私たちだけという優雅さ!? もったいないから、みんな、行ってみてください。
(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | January 2009 »